FC2ブログ

06/12のツイートまとめ

mishima_dai

GHQ製のニホンコクケンポウと称する文書を憲法と誤認して運用し続ける限り、日本は外交で敗北し続ける。軍事力の裏付けがないのに外交で勝てって方が無理でしょ。誰がやっても同じ結果。だからGHQ製のニホンコクケンポウと称する文書の憲法としての無効宣言を主張しない政治家は全部似非。
06-12 22:49

@wwooooochan 選択肢がカレー味のウ○コ(民主系)かウ○コ味のカレー(自民系)だったのに、カレー味のウ○コ(自民系)かウ○コ味のウ○コ(民主系)になってしまいました。下品ですみません。。。
06-12 22:37

米国や支那中共、ロシアが朝鮮半島を非核化したいのは自国の安全保障もあるけど、1番は日本に核武装の口実を与えないため。6カ国協議なんて正にそうだし、日本の軍事力と発言力が高まるのは彼らの国益に敵わないから。
06-12 22:28

RT @OfrIrqxI2O4BMwH: 憲法を改正せねばならないと言って、法律の改正に取り組む奴がもしいるのなら、それは憲法違いの検討違い。日本國憲法という名称の、“紛い物の憲法違いの改憲”も、また同じ。憲法違いの検討違い。
06-12 22:23

@wwooooochan 消費税30%くらいになりそうですね。。。
06-12 22:23

RT @nishibe_bot: 僕は尖閣問題の発生にはすごく感謝している。中国様のおかげで、煙と化すほどに希薄になった日本人の国家意識がどうにかこうにか、煙として空中に消えることなく「そういえば俺たちは日本人だったんだ。野蛮な振る舞いに及んでいる中国人とは違うんだ」ということ…
06-12 21:40

RT @TedYokohama: @AbeShinzo非核化の費用を日本が負担する?冗談でしょう。その金があったら日本が核武装すべきです。占領下の日本で米国が押し付けた反日去勢憲法の無効宣言をすべきです。恐らく、近い将来、そうせねばならない状況となると予測している。 ht…
06-12 20:54

日本は戦後占領体制という鍋の中で茹でガエル寸前なんだけど、安倍政権や自民党に丁度いい湯加減ですよと吹聴されている。今ならまだ鍋から飛び出せる。立憲民主や国民民主に共産党?茹で上がって鍋の底に沈んでるよ。
06-12 20:54

RT @nishibe_bot: 戦後政治はアメリカンデモクラシーの虜囚に過ぎない。
06-12 20:39

RT @hojuro: 朝鮮の統一費用を日本が出すくらいならその金で日本が核武装すべき。核じゃなくてもいい。すべて日本の軍事予算に回すべき。日本政府はせめて日本人の生命くらいは守ってくれないと。
06-12 20:39

北朝鮮の非核化と安定化に日本が金を出し、その利権は米国と支那中共が貪る。拉致事件は前向きに検討しますのポーズだけ。これは日本人ならば怒るところ。合言葉は#日朝平壌宣言破棄#拉致事件完全解決
06-12 20:26

拉致事件の完全解決もなく、平壌宣言に基づいて北朝鮮の非核化に金を出すのは日本と宣ったトランプ大統領。安倍総理もその腹づもり。ふざけるなと思った人は「次の選挙は絶対自民党には入れない」と地元国会議員の事務所に電話をしましょう。
06-12 20:05

RT @IrrTenko: 「人件費とは、国民の所得である」。だから、今の日本で「所得倍増計画」をやるとしたら、それは「人件費倍増計画」であるわけです。「人件費を抑えたら、給料が上がる」…本当に? 大体「人件費が上がると消費者も苦しくなる」と言うけど、昔日本人の所得が倍増した時…
06-12 19:31

大政翼賛会や国家総動員法などいわゆる軍国主義政策を推し進め戦線拡大を主張し実行したのは、國體の衣を隠れ蓑に纏った国家社会主義者や共産主義者である。彼らは俗に言う右、左で言うと左なんだが。軍国主義=右翼ではない。旧ソ連や支那中共、北朝鮮を見れば一目瞭然でしょ。
06-12 18:40

この人の言う正しさって何なの?ジョン・レノンのイマジンは世界が凡ゆる壁や困難を乗り越え手を携え皆が1つにという意図のもと作られた。だがあれだけ世界中で歌われても世界平和は実現されない。イマジンは正しいの、正しくないの?因みに彼は靖國神社に参拝してるけど正しいの、正しくないの? https://t.co/lLhtIm4KJt
06-12 18:31

RT @NLChina2009: 青山繁晴や和田正宗など自民党「保守」議員のいかがわしさはこれまでの言説と安倍ちゃん迎合のどちらを取るのかという場合、何のためらいもなく安倍ちゃんを取ることだ。この節操のなさ。粛清と餓死と日本人を拉致した北朝鮮に安倍ちゃんが日本のカネで経済支援を…
06-12 06:04

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)