飛翔する日本

皇紀2671年10月3日月曜日


 昨日は、元財務大臣・中川昭一先生の命日でした。
もう2年も経つのかと思いながら、日曜日に先生がよく訪れていたという
東京都世田谷区の駒繋神社を参拝してまいりました。

2011100213080000.jpg
2011100213100000.jpg

[社殿]2011100213120000.jpg
[招魂社]2011100213170000.jpg


 三軒茶屋から約15分。閑静な住宅街の中にあります。
そんなに大きくはないですが、招魂社、日露戦争百周年記念碑、皇紀二千六百年記念碑など
皇祖皇宗、先祖先人がまさに日本という国を“繋いで”こられた歴史を感じることができました。
このことこそ先生の目指していた真正保守の基軸だったのではないでしょうか?




 そして、10月9日の葬儀、告別式の日。
私は仕事中でしたが居ても立ってもいられなくなり、私服のまま元麻布の善福寺へ向かっていました。
真正保守政策研究所の前身の真・保守市民の会の名で記帳をし先生を見送りました。
一人の政治家が亡くなって、こんなに悲しく落ち込んだのは初めてでしたし、
また私と同じような方々も大勢いらっしゃり、皆、一様に喪失感で包まれていた光景は
今でも忘れることはできません。本当に悲しい葬儀でした。

 その後、会社に戻る地下鉄の駅で拉致被害者のめぐみさんのご両親、横田さん夫妻がいらっしゃり、声をかけさせていただきました。短い会話でしたが『私たちに寄り添い、本当に自分のことのように親身になって接してくれた政治家だった』と、大変嘆いておられました。私たち以上に拉致被害者家族の方々の喪失感は大きく、未だに埋められていないのが現状だと思います。

 中川先生に関してはまだまだ書きたいことがたくさんあるのですが、それは後日に致します。
ただ、先生は私たちにしっかりとバトンを繋いで旅立たれたと思っています。
ご意思を継いでそれを実現させるべく、微力ではありますが日々精進したいです。



飛翔する日本へ! 中川昭一先生から
バトンを受け取ったと思う方は
クリックお願いいたします!!
  
スポンサーサイト